病院案内記事一覧

院長   武内 啓(たけうち けい)近年、高齢化が進み地域医療の重要さがますます増してきていると感じます。 介護施設を併設していることから、高齢医療の難しさや重要性をより重く感じ、また地域医療を担う一端として、 患者様がより健康でお過ごし頂ける医療を提供することが必要と考えております。その中で、当院では2005年よりリウマチ専門医として、地域医療へ貢献するべく微力を尽くしております。 その他、骨粗...

地域に根ざした医療現場であることを誇りにし、高齢化社会の中で、患者さんだけでなく地域の住民すべての方が健康で精神的に豊かな生活をおくれるよう、医療の面で力を尽くす

栗整形外科病院 医療安全管理体制に関する院内基準(指針)第1条  当院における安全管理のための基本的な基準について定める。第2条 医療安全管理に関する基本的な考え方 (1)医療事故とは、医療に関わる場所で医療の全過程において発生するすべての人的事故を指し、医療従事者の過誤、過失の有無を問わない。なお、医療事故には、次を含む。  1)医療行為に起因して生じた事故 ア.患者の死亡、生命の危険、病状の悪...

第1条 院内感染対策に関する基本的な考え方 1、 院内感染症の発症を防止し予防活動の円滑な実施を図る。 2、 労働安全衛生法の主旨に基づき職場の労働安全管理に関する基本的事項を定め職員の安全と健康を確保する。第2条 院内感染対策のための委員会、その他の当核病院等の組織に関する基本的事項 1)委員会の開催は、原則として毎月第2水曜日の午後1時00分より当病院2F会議室にて行なうものとし、必要に応じて...

関情報■医療機関名医療法人社団 栗整形外科病院■所在地郵便番号799-0422住所愛媛県四国中央市中之庄町398-1■電話番号0896-24-5550■FAX番号0896-24-5553■健診機関番号3810910152■メールアドレスinfo@kuri-seikei.com■ホームページhttp://www.kuriseikei.or.jp■経営主体医療法人■開設者名医療法人社団 栗整形外科病院...

一般撮影装置(無線型・低被曝タイプ)x線の撮影には、従来のフィルム型ではなく、感光素子を搭載している撮影装置を使用しています。フィルムではないので繰り返し使用でき、また撮影して1秒後には、撮影画像が、無線で画像管理装置に送られるため、スムーズな診察ができます。x線の被曝量も従来よりも少なくてすみ、CR装置に比べて約半分ですみ、体への負担がより小さくなります。CT装置広範囲を高速に撮影できる16列マ...

個人情報保護方針当院では、患者さんの基本的人権・個人情報保護の理念に則り、下記に記すように個人情報の適正な管理に努めます。1.情報の取得と利用目的について  患者さんの個人情報は、下記の目的で収集しております。  ・当院での医療サービスの提供  ・診療費請求の事務  ・当院の管理運営業務  ・企業等から委託を受けて行う健康診断等における、企業等へその結果の通知  ・医療/介護サービスや業務維持/改...

ライフサイエンス社 Osteoporosis VOL.2 No.1  2017年3月 掲載骨粗鬆症の治療専門医として、転倒予防指導士を多く擁する当院での取組みが紹介される多職種連携により、治療継続率が向上している当院での、具体的な取組み内容を紹介。転倒による骨折予防の為の施策として介護老人保健施設での転倒予防教室の実施状況の紹介。管理栄養士、介護福祉士、ならびに当院の各部署がそれぞれの施策内容を紹...

えひめ仕事と家庭の両立応援企業平成2年8月20日、愛媛県から、「仕事と育児に加え、介護等の家庭生活が両立しやすい職場環境づくりに取り組む企業」として「えひめ仕事と家庭の両立応援企業」の認証を受けました

一般事業主行動計画とは、次世代育成支援対策推進法に基づき、従業員の仕事と子育ての両立を図るための雇用環境の整備や、全ての従業員を含めた多様な労働条件の整備などに対する取り組みを計画したものです。 「H27年4月〜R2年3月末 : 一般事業主 行動計画 と実施状況」 「R2 年4月〜R7年3月末 : 一般事業主 行動計画 」医療法人社団栗整形外科病院では「人」をなによりも大事にすることを心がけており...

トップへ戻る